トピックス&コラム
 
「親知らず」のはなし
〔なぜ親知らずとよばれるのか〕

 歯は、顎骨(あごの骨)の中で歯胚とよばれる歯の原基(もと)からつくられます。乳歯の歯胚は妊娠七週目(四十九日)ころからできはじめ、永久歯の歯胚は出生するころからできはじめます。そして乳歯は生後六ヶ月ごろから下の乳前歯からはえはじめ、だいたい三歳ころまでに上下各十本ずつの二十本がはえそろいます。永久歯は第一大臼歯と前歯が六歳ことからはえはじめ、だいたい二十歳ころには親知らず(第三大臼歯)を除いた二十八本の永久歯がはえそろいます。ところが親知らずがはえはじめるのは早い人で十四歳、遅い人では十二歳くらいといわれています。
このように他の歯は十二歳ぐらいまでにすべてはえそろってしまうのに、第三大臼歯だけは、はえるのが遅く、成長してしまって親が知らないころになってからやっとはえるので、これが「親知らず」の名前の由来となっているわけです。知恵がついてからはえるという意味で「智葉」ともよばれています。

〔どうして正常な位置にはえないのか〕

 親知らずは傾いてはえたり、はえないで顎骨の中に埋まっていたりすることが多く、きちんと正しい位置にはえてこないことが多いのです。
この原因についてはいくつかありますが、そのうち最大の原因は、現代人の食生活の変化であると考えられています。昔の人の食生活は相当に硬い食品が中心で、硬い木の実、調理しない肉を食べるために顎骨がよく発達し、親知らずがはえる余地が十分にありました。ところが現代人の食事は調理された軟らかい食品が多く、特に幼少期の食品が軟らかくなっています。たとえば、ハンバーグのような肉をすりつぶした軟らかい食品などは、古代の人には考えられないことなのです。結果として現代人の顎骨が次第に小さくなり、成人してから最後にはえる親知らずの場所が不足することになり、正しい位置にはえることができなくなるのです。

〔いろいろある親知らずのはえ方〕

親知らずにはいろいろなはえ方があります。

@ 正常にはえている状態です。上下がきちんと咬み合いっています。
A 下の歯は当初、正常に生えていたのですが上の歯がうまくはえていなかったり、またはもともと欠損して歯がなかったりしますと、図のように歯が他の歯より出すぎてしまいます。このような状態になるとあごの関節に負担がかかったり、頬や歯茎を傷つけるようになります。
B 親知らずが途中まではえてきて前の歯にあたって、完全にはえることがない状態です。このような場合には、この部分に食べかすがたまりやすく、歯茎が腫れたり、虫歯になりやすくなります。
C 水平埋伏歯といわれる状態で、水平に顎骨中に埋まっています。第二大臼歯の歯根が吸収されたり、歯ならびを悪くしたりします。
D 親知らずが外側(頬側)、内側(舌側)に向かってはえようとする場合もあります。
E 時として顎骨の深にもぐったままの場合があります。親知らずの歯胚が遅くできることとあごの大きさとに関係があると考えられていますが、はっきりとした原因はわからないものがほとんどです。
〔はえ方の悪い親知らずを放っておくとどうなるのか〕

「正常にはえず機能していない親知らずを放っておくとどうなるのでしょうか」
これは親知らずを抜歯するために来院した患者さんのほとんどが質問されることです。
親知らずによる下顎智歯周囲炎は最も起きやすい病気の一つですが、そのほかに親知らずを放っておくとどんなことが起こるのでしょうか。
すべての歯は“ゴードンの法則”といって支えがなければ前へまたは上のほうへ進もうとします。歯列(歯ならび)の最後に位置する親知らずが、もしきちんとはえるスペースがない場合、そのすぐ前の第二大臼歯をつねに圧迫しつづけることになります。
歯列全体が押されるため、この力により前歯のあたりの歯列たとえば、犬歯(糸切り歯)や第一小臼歯の位置が乱れ、歯ならびを悪くする原因の一つとなるのです。
このため矯正治療をした場合、歯科医は歯ならびをきちんときれいに保つため、正常にはえてこない親知らずの抜歯を勧めるわけです。
また親知らずはすぐ前の第二大臼歯を継続的に圧迫するため、第二大臼歯の後方の歯根が図のように吸収されることがあります。こうなるとせっかくの第二大臼歯も抜歯しなければならなくなることもあります。
いままでお話ししたのは親知らずがきちんとはえるスペースがないために生じてくることですが、きちんとはえてくる場合でも抜いたり削ったりしなければならない場合があります。
親知らずの退化が進んでいる場合、通常上下左右合計四本あるはずの親知らずが三本とか二本しかない場合があります。このような場合、例えば左上顎の親知らずがきちんとはえても咬み合う相手が先天的に欠損しているようなときは、物を咬む役目が果たせないばかりか、その歯が他の歯よりも伸びすぎて頬や下顎の歯茎にあたり潰瘍をつくってしまう場合もあります。又、物を食べるときに他の歯にあたってあごの関節に負担をかける場合もあります。このような場合、歯科医師は親知らずの状態を十分診査し、抜歯も含めた親知らずの処置をすることになります。