トピックス&コラム
 
カリオスタット・・・?
キカリオスタットとむし歯

むし歯予防が叫ばれている今日、”むし歯のない子”はお母さん方の願いだと 思います。むし歯が新しくできる可能性があるかどうか、小さいむし歯が大きく なる可能性があるかどうかを早期に予測することができれば、それだけお子さんに対するむし歯予防が効果的に行えます。

 むし歯は、@歯(質) と Aむし歯原因菌 と B飲食物に含まれる砂分 が一緒になったとき、菌がネバネバしたもの(歯垢)を作り、歯の表面に住みつきます。そして酸を作り、それによってむし歯になります。

 カリオスタットは、この歯垢や酸のでき具合をみるもので、酸などが多いほど液の色が 青→緑→黄緑→黄 となり、むし歯に対する危険信号を示します。 また歯垢ができやすい人の場合は液が濁ってきます。

 ですから個人個人の色の 変わり方に応じて、むし歯の予防対策を立てていただければいいと思います。

青  (ー)
むし歯菌はほとんどありません。今のところ口の中はきれいです。 油断しないでこのままがんばりましょう。
緑  (+)
むし歯菌が少しあります。やや危険です。  注意しましょう。 おやつの時間と量を決めましょう。
黄緑 (++)
むし歯菌がたくさんあります。危険です!このままではむし歯が増えそうです。 おやつの回数と甘い(砂糖の多い)おやつを減らしましょう。
黄  (+++)
むし歯菌が大変たくさんいます。非常に危険です。このままでは新しいむし歯がどんどん増え大きくなります。 砂糖のおやつは徹底追放! 定期健診が必要です。