トピックス&コラム
 
虫歯・・・どうしてできるの?
1. 治療したはずの歯がまた黒くなってきたのですが?

子供の虫歯は、一度治療したからといって二度とかからないわけではありません。乳歯はとても柔らかいので、歯を使うと徐々に擦り減っていきます。一方、治療でつめたものは、 乳歯ほどは擦り減りません。そこでは詰めたものの間に段差が生まれて、再び虫歯になりやすくなってしまうわけです。

●定期健診のススメ

乳歯の虫歯は他の歯にも移りやすく、しかも乳歯は、薄くて歯髄が大きいので、短期間で 重篤になりがちです。やはり定期的な管理と速やかな対応が必要ですから、今後は定期検診を必ず受診してくだい。

2. どんなおやつなら虫歯になりませんか?

●う蝕誘発食品

簡単に言えば、砂糖を多く含み ネバネバとしていて(粘着性)口の中に長く入っているもの・・・ となります。

●こんな食べ物は危険
キャラメル、キャンディー、ウエハース、大福、カステラ、チョコビスケット
などは特にう蝕を引き起こしやすい食べ物です。

●う蝕抑制食品

砂糖を含まず、 さらっとしていて口の中に残らないもの・・・ ということになります。加えて砂糖の代わりに低・非う蝕性甘味料を使用しているものも含まれます。

3. どうしたら虫歯にならずにすむのですか?

「甘いものをたべずに、歯さえ磨いていれば虫歯にならない」と単純に理解している人 が意外と多いものです。 しかし、う蝕はいろいろな原因からおこります。

虫歯菌は赤ちゃんのとき、世話をする人(母親や祖母など)から感染してくるので注意が必要です。
虫歯になりやすいかどうかは、唾液の量と質(緩衝能など)にも関係します。
歯には虫歯になりやすいところ(不潔域と形態的特徴)があるので、年齢にあわせて歯磨きの仕方を変えていきましょう。
の質は、一見してわかるもの以外は普通と考えていいので、虫歯予防ならフッ化物の使用を考えましょう。

そのうえで、以下のような注意が必要です。

アメやキャラメルは特に危険
飲み物にも注意が必要
甘いものは「デザート」と考え、食事と一緒に与える
間食はあくまで「食事」。補食を考えましょう。時間をきめてサンドイッチなどを・・・(サンドイッチ といってもピーナッツバターやジャムは控えめに)
食事からとる砂糖量も控えめに

歯磨きは回数を多く磨けばいいというものではありません。いつ、どう磨くかがポイントです。

理想は3食後ですが、寝る前のブラッシングは絶対に欠かすことができません。少なくとも午前中と寝る前に磨くようにします。
歯磨きを嫌がる子供には、母親とお互いみがき合うスタイルをとったり、午前と寝る前のブラッシングで重点的に磨く部位を分け、短時間ですますなどの工夫も有効です。口の中は全身や心の状態の変化が現れやすいところですから、子供の歯を磨きながら、 「のどが赤いな」とか「ちょっと熱があるみたい」など、同時に全身の健康にも目を向けてほしいものです。